一人暮らしに憧れる

人生で初めての一人暮らしをすることに決めた。それからの部屋探しの内容を紹介します。驚きの連続で、ありえない条件の部屋もあったので、一人暮らしに憧れるに書き記しておこうと思う。

一人暮らしの不安

部屋探しをしてる人お客さんが1人、そのお客さんを対応している営業マン。何か資料らしきものを見ている営業マンに事務員が1人。なんともそこは小さな空間だった。初めての一人暮らし、そして初めての部屋探しをする私は、ドキドキソワソワした気持ちでその空間にいた。そして本当に一人暮らし出来るんだろうか?と少しの不安な気持ちをいだいていた。10分くらい待って営業マンがやってきた。入ってから10分ほったらかしだった。

一人暮らしで一瞬考え込む

どんなとこお探しですか?いきなり、どんなとこお探しですかって聞かれてもね〜。一瞬考え込んでしまった。一人暮らしするのに、そりゃ希望はいっぱいある。なるべく安くて、フロ―リングで、バストイレ別で、2階以上のオ―トロックのマンションで、もちろんエアコンも付いてて駅から近くて、言ったらきりがない。しかし初めての一人暮らしで、全部希望をそのまま言ってもいいものなのか?こういう細かいところに不安を感じるね。

一人暮らしで絶対譲れない希望

希望を全部伝えたら、ものすごく家賃が高くなるんじゃないか。安くてそんなとこはねぇ!おとといきやがれ〜い、と言われてしまったらと思い、少しだけ希望を出すことにした。一人暮らしするので、朝誰にも起こしてもらえない。なので駅から5分以内で、掃除するのに便利ではないかと思いフロ―リング。そして家賃は5万前後、これだけ伝えた。これだけは、私がこれから一人暮らしをして行く上で、絶対譲れない最小限の希望だった。

カテゴリー目次
一人暮らしの部屋探しが始まる
一人暮らしの予算と希望
一人暮らしを試みて
一人暮らしの部屋は見て決める
一人暮らしでなかなか決まらない部屋